田舎日記ホーム >>> 地域活性 >>> 商品開発project >>> 都内のマルシェに視察に行きました。

都内のマルシェに視察に行きました。


今日は研修生2人と一緒に、都内のマルシェに視察に行きました。

インターネットで調べてみると、ほとんどの「干しいちご」は砂糖に漬けることによって水分をなくして乾燥しているもので、苺をそのまま無添加で乾燥している商品は非常に少ない。そして、とっても高値で売られていました。

もちろん目指すは高値で売ることができる無添加の「干しいちご」です。

そこで、マルシェに市場調査に行って、出店するか否かも含めて検討したいと考えました。

青山の国連大学前で開催されている「Farmers Market」と、錦糸町マルイの前で開催されている「ハピ・マルシェ」を調査したのですが、「干しいちご」の販売はありませんでした。

そして、それぞれの担当の方に挨拶をし、お話を伺いました。

「干しいちごは見たことがない」とのことなので、来月の頭までに何とか商品化して、マルシェで販売してみたいと思います。